kapinのブログ

通信費を節約その3。格安SIM選び

SIMの選択

ネットで比較データを提供されている方が沢山いるので利用させて貰った。

サイトによって反対の意見を述べていることもあるので、複数のサイトを利用するほうが良いと思った。

また、完全に全てのデータを見られるサイトは無いと思う。公式サイトでさえ知りたいデータを見つけるのには数あるページを探し回る必要がある。

私の場合かなりの時間を要した。それなのに、いざ契約のための登録作業に入ってから、申し込みの途中で初めて判明することもあった。

 

料金プラン内容

料金プランの途中変更は可能か

通信速度が早いか

短期間(3日間が多い)での使用制限の有無

高速と低速の切り替えが可能か

通話サービスの内容

留守電の有無

余った容量の繰り越しが可能か

解約までの期間、違約金

キャンペーン内容

その他その会社の特徴

 

会社決定

以上を踏まえ、私は今勢いのある「LINEモバイル」に決定した。

現在はまだ利用者が少ないせいか速度が早いらしい。

1GBプランが安い。

LINEアウトという通話サービスの存在。

その3つが決め手となった。とりあえず一年のあいだ試してみることにした。

 

他の候補

LINE、メール、その通知といったやり取りは低速でも十分とのことで、低速への手動切り替えをし、節約することのできる会社も候補に挙げていたが、恐らく切り替えの手間が面倒でストレスになると考えて却下した。

 

SIMの注文

以下のリンクでエントリーコードを入手すると契約の際に手数料がゼロになる。これ無しに公式ページでいきなり契約すると3000円掛かるので、2000円以上の節約だ。

他の会社も同様なところが多い。

候補として考えていたDMMモバイルのエントリーパックは今現在540円なので、 2500円近くも節約できる。

 iPhoneに対応するSIMは「ナノSIM」なので、リンク先で選択する。

データ通信のみか、音声通話+データ通信かも選択する。

 

つづく